お金を借りる問題

私の借金と貯金

私の現役のころは借金ばかりでしたね。
まずは35歳の時に住宅ローンの借入です。
サラリーマンにとってはマイホームが一大事業でした。

 

どうにか郊外に1戸建てを建てました。
住宅ローンはなじみの信用金庫で借りました。
月に5万円くらいの返済でした。

 

期間は20年。
給料をもらうと5万円を差し引いて、残りの25万円を生活費として、カミさんに渡していました。
残りのいくばくかが私の小遣いでした。

 

ほとんど貯金はできませんでしたね。
それでも55歳くらいまでに500万円はためました。
その間にカードローンのお世話にもなりました。

 

若い時はよく遊んでいたものです。
競馬、マージャン、パチンコ、ゴルフです。
これらを全部やると10万円では足りませんでしたね。

 

給料前に小遣いが足りなくなった時はカードローンでした。
そんなことを3年くらい続けましたね。
その後に目が悪くなってしまいました。

 

マージャンの徹夜のせいですね。
昼間でも目がチカチカするようになりました。
そのためマージャンはやめました。

 

競馬も配属が本部になった時にやめました。
後はパチンコとゴルフでした。
ゴルフは自分のホームコースに行けば1万円以内でした。

 

パチンコも会社の帰りによく行きましたね。
生来、お酒が飲めなかったので、その代わりでした。
住宅ローンは55歳で完済しました。

 

その後58歳の時にリフォームローンです。
築30年もたつと手を入れる必要が出てくるものです。
これは貯金を少し崩して、あとはリフォームローンです。

 

都合800万円くらいかかりました。
これも60歳の退職金で完済しました。
残った退職金は半分はカミさんに。

 

後の残りは医療費と葬式代に取っておきます。

 

お札と硬貨

自分の将来を考えた借金をしよう

知り合いの話なんですが昔、仕事のために借金をしたようです。
仕事のために借金をするというのは会社がお金を出してくれるわけじゃなく仕方がなかったみたいなんですが、結構な額をサラ金から借りたみたいなんですよ。
今も月々の支払いをしているようなんですがもう既にその仕事を辞めているので、早く全額返済をしたいみたいですね。

 

計画的に返済できているようなので全部返すのも時間の問題でしょう。
お金借りるという事はやはり、今後の返済計画もしっかりとしておかないと後になって困ってしまいます。
どのくらいなら返済できるのかなど自分の収入に見合った借り方をすれば、上手くお金を利用してやりくりできるはずです。

 

私は来月はお金がたくさん入るから少し借りようかな、とかそのくらいの気持ちで利用していました。
なので一気に大金を借りようとはせずに、自分の将来を考えながら借金をしようと心がけています。
しかしお金はたくさんあって困らないモノなのでついつい甘えてもっと借りたくなってしまうんですよね。

 

そんな時は誰かに叱ってもらって少額に済ませるようにしています。
とにかく借金を返済した時は気持ちが良いです。

子供の教育資金について

お金といえば、将来心配になってくるのが子供の教育費です。
家の近くに通える範囲の公立高校があまりありません。
たとえ、公立高校に娘が入ったとして、バス代などで私立高校の学費とまではいかなくても相当の交通費がかかってしまいそうです。

 

また、私立の高校へ行った場合には入学金以外にも月に5万円程度の出費になりそうです。
一人ならまだしも、うちには2歳違いの子供がいるので、もし二人とも私立高校へ通うとすると月10万円近くの学費が考えられます。
今はまだ下の子供が幼稚園に通っており、時間の自由がきかないためにパートにでていませんが、子供の教育費のために少しでも貯金をするために、働きたいと思います。

 

また、高校まででれたとしてもその後大学に通う場合には資金が必要になってきます。
学資保険には入っていますが、まかないきれるかというとそうではないです。
このため、教育ローンなどを組む可能性も考えられますが、まずはできるだけ貯金を殖やすことが最優先だと考えています。

 

子供が小さいうちにいろいろ、習い事もさせてあげたい気もしますが、興味のあるもの一つに絞って習い事をさせようと思います。
2人の子供のために、締めるところは締めてがんばりたいと思います。